スマートフォン用の表示で見る

家老

一般

家老

かろう

日本にかつてあった武家(大名家)の役職の1つ。武家の家臣団のうち最高位の役職である。複数人おり合議によって政治や経済の面で大名を補佐した。江戸時代になると、家中の武士を統率する家老(城代家老)の他に幕府の置かれた江戸に各大名が江戸屋敷(旗本屋敷)を置き、そこに在勤した家老を「江戸家老」とか「江戸家老」などと呼んだ。基本的には世襲制だった。