相続

(一般)
そうぞく

相続
亡くなった人の財産上の地位を相続人が継承すること.
亡くなった人を「被相続人(ひそうぞくにん)」.財産を受け継ぐ人を「相続人」という.

法令(民法)

民法882条(相続開始原因)

  • 相続は、死亡によって開始する。

民法30条(失踪宣告)

  • 1:不在者の生死が7年間わからないときは、家庭裁判所は利害関係人の請求により、失踪の宣告を為すことができる。
  • 2:戦地に行った者、沈没した船にいた者、生命の危険を伴う災難に遭った者の生死が戦争終了後、沈没後、災難が去った後、1年間不明なときは、前項と同様の措置をとることができる。

民法31条(失踪宣告の効力)

  • 前条第1項の規定により失踪の宣告を受けた者は、失踪から7年目に死亡したものとみなし、前条第2項の規定により失踪の宣告を受けた者は、危難が去ったときに死亡したものとみなす。

民法883条(相続開始の場所)

  • 相続は、被相続人の住所において開始する。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ