スマートフォン用の表示で見る

華岡青洲

一般

華岡青洲

はなおかせいしゅう

江戸後期の医師紀伊の人。(1760-1835)



名は震。古医方および蘭方を学ぶ。

江戸時代の外科医師 医。日本で初めて乳癌の麻酔手術を行なった。1760年(宝暦10年)に紀伊国(後の和歌山県那賀郡 (和歌山県) 那賀郡那賀町 (和歌山県) 那賀町平山、現在の紀の川市平山)に生まれる。