スマートフォン用の表示で見る

会津線

地理

会津線

あいづせん

会津鉄道唯一の鉄道路線。

西若松駅−会津高原尾瀬口駅間 57.4km。

1927年から1934年にかけて西若松駅−会津田島駅間が開通、その後1953年までに会津滝ノ原(現・会津高原尾瀬口駅)までの延伸が成った。なお、1971年までは現在の只見線会津若松駅只見駅間も会津線の一部だった。

駅名よみ
“えき”は略
接続路線
西若松駅にしわかまつJR只見線
南若松駅みなみわかまつ -
門田駅もんでん -
あまや駅あまや -
芦ノ牧温泉駅あしのまきおんせん -
大川ダム公園駅おおかわだむこうえん -
芦ノ牧温泉南駅あしのまきおんせんみなみ -
湯野上温泉駅ゆのかみおんせん -
塔のへつり駅とうのへつり -
弥五島駅やごしま -
会津下郷駅あいづしもごう -
ふるさと公園駅ふるさとこうえん -
養鱒公園駅ようそんこうえん -
会津長野駅あいづながの -
田島高校前駅たじまこうこうまえ -
会津田島駅あいづたじま -
中荒井駅なかあらい -
会津荒海駅あいづあらかい -
会津山村道場駅あいづさんそんどうじょう -
七ヶ岳登山口駅ななつがたけとざんぐち -
会津高原尾瀬口駅あいづこうげんおぜぐち野岩鉄道
会津鬼怒川線


リスト::鉄道路線