スマートフォン用の表示で見る

会津鉄道

地理

会津鉄道

あいづてつどう

会津鉄道株式会社は、福島県会津若松市に本社を置き、福島県会津地方に路線を有する第三セクター鉄道事業者

1986年11月10日設立

営業路線

西若松駅JR只見線会津高原尾瀬口駅野岩鉄道と接続する。会津田島駅会津高原尾瀬口駅間15.4kmのみ電化されており、残りは非電化。全線単線である。

浅草駅会津若松駅の間を東武鉄道伊勢崎線日光線鬼怒川線)・野岩鉄道会津鬼怒川線)・会津鉄道・JR只見線)を経由して結ぶルートの一部を構成している。新幹線磐越西線を経由するルートと比べると所要時間のハンデは大きく、東京会津間の直通需要よりは、沿線への足としての需要の割合が大きい。

沿革

1987年7月16日、国鉄改革の中で廃止対象となったJR会津線継承して開業。

1990年10月12日、会津田島駅会津高原駅(現・会津高原尾瀬口駅)間の電化が完成し、野岩鉄道を介して会津田島駅浅草駅間の直通列車の運転が開始された。

2002年、名古屋鉄道から「北アルプス」号(高山本線乗り入れ特急)に使われていたキハ8500形車両を譲り受けて「AIZUマウントエクスプレス」と命名、2005年には同車による会津若松駅JR只見線)−鬼怒川温泉駅東武鬼怒川線)間通しの運転が開始された。