スマートフォン用の表示で見る

海上保安官

一般

海上保安官

かいじょうほあんかん

日本の海上保安庁の職員のうち、法令の海上における励行、海難救助、海洋汚染等の防止、海上における犯罪の予防及び鎖圧、海上における犯人の捜査及び逮捕、海上における船舶交通に関する規制、水路、航路標識に関する事務その他海上の安全の確保に関する事務並びにこれらに附帯する事項に関する事務を行う職員のこと。海上保安官の多くは、海上保安学校又は海上保安大学校の卒業者である。しかし、管区本部長や本庁の基幹職員には国土交通省や、省庁間交流による他省庁職員が海上保安官となる場合がある。