スマートフォン用の表示で見る

楽天スーパーポイント

ウェブ

楽天スーパーポイント

らくてんすーぱーぽいんと

楽天の提供する各サービスで使えるポイント。1ポイント=1円。

はてなポイントとの提携

なお、はてなポイント楽天スーパーポイントへの移行のサービスは2010年8月31日で終了した。

楽天スーパーポイント騒動

2006年正月、メルマガ購読やANAマイレージクラブ連携など複数のキャンペーンを展開。すべてを適用すると約2500ポイントが入手できた。これが2ちゃんねるなどで格好の儲け話として話題となり、数百〜数千という複数IDを登録した上でポイントを多重に取得するユーザーが続出した。

1月9日に楽天はキャンペーンを中止し、配布したポイントの取り消しと購入した商品の代金の請求を行うとユーザーに通達した。楽天利用規約では、複数IDを取得すること自体は禁止されていないが、その複数IDを使って大量のポイントを獲得・使用する行為は不正であると定められていたからである。翌10日には、加入店舗に対し、当該キャンペーンのポイント利用は無効とするので、これを利用した注文はキャンセルするか現金の振り込みをさせるようにという由の通達が為された。

楽天の以上のような対応に対して、注文をキャンセルされたり代金を請求された一部顧客の中には「新手のワンクリック詐欺」と非難するものもいた。

ちなみに、売買契約はユーザーが各店舗と行い、後日、楽天から店舗にポイント分の代金が振り込まれる仕組みとなっており、ポイント制度については店舗側には何ら責任は存在せず、楽天本体とユーザーの間の問題となる。

楽天スーパーポイント利用規約より抜粋

第4条(ポイントの合算および複数登録の禁止)

  1. 会員は、保有するポイントを他の会員に譲渡または質入れしたり、会員間でポイントを共有したりすることはできません。
  2. 一人の会員が複数の会員登録をしている場合、会員はそれぞれの会員登録において保有するポイントを合算することはできません。

第5条(ポイントの取消・消滅)

  1. 当社がポイントを付与した後に、対象取引について返品、キャンセルその他当社がポイントの付与を取り消すことが適当と判断する事由があった場合、当社は、対象取引により付与されたポイントを取り消すことができます。
  2. 当社が会員が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、当社は会員に事前に通知することなく、会員が保有するポイントの一部または全部を取り消すことができます。
    (1) 違法または不正行為があった場合
    (2) 本規約、会員規約、その他当社が定める規約・ルール等に違反があった場合
    (3) その他当社が会員に付与されたポイントを取り消すことが適当と判断した場合
  3. 会員が当社が定める期間を超えて当該対象取引を行わなかった場合、ポイントは自動的に消滅します。
  4. 当社は、取消または消滅したポイントについて何らの補償も行わず、一切の責任を負いません。

第9条(ポイント利用後のポイントの取り消し)

  1. 会員がポイントを第6条による決済に利用した後に、第5条第1項または第2項によりポイントが取り消された場合は、当該決済の対象となる取引(以下「ポイント利用取引」という)が取消または保留されることがあります。会員は、ポイント利用取引が実行済みである場合または実行しようとする場合には、ポイント取消による不足額を、ただちに現金または当社の指定する支払方法にて当社に支払うものとします。
  2. 会員がポイントを第7条による特典の交換に利用した後に、前項のポイントの取り消しがあった場合は、特典の申込は取り消されます。会員は、すでに特典を受領している場合には、ただちに当社に対し特典の返還または特典に相当する金額の支払いを行うものとします。

5-2-(3) 当社が会員が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、当社は会員に事前に通知することなく、会員が保有するポイントの一部または全部を取り消すことができます。

その他当社が会員に付与されたポイントを取り消すことが適当と判断した場合

9-2 すでに特典を受領している場合には、ただちに当社に対し特典の返還または特典に相当する金額の支払いを行うものとします

目次