スマートフォン用の表示で見る

関東管領

一般

関東管領

かんとうかんれい

鎌倉府において、関東公方鎌倉公方)を補佐して政務を行った。

上杉憲顕以降は代々上杉氏が世襲。上杉氏の中でも、山内上杉犬懸上杉の両家が交互に務めていたが、上杉禅秀の乱犬懸上杉氏が衰退すると以後は山内上杉氏が独占することとなった。