スマートフォン用の表示で見る

機動戦士クロスボーン・ガンダム

マンガ

機動戦士クロスボーン・ガンダム

きどうせんしくろすぼーんがんだむ

原作・富野由悠季、作画・長谷川裕一による漫画。

1994〜

角川書店の月刊漫画誌少年エース」で1994年12月号から1997年3月号まで連載された。単行本全6巻。

他のガンダム漫画と違い、原作として富野由悠季がきちんと関わっている唯一の作品。

内容は映画「機動戦士ガンダムF91」の続編的位置づけで、少年活劇としておそらく歴代ガンダムシリーズ中最も健全な作品であると思われる。

作画の好みで評価が若干分かれるものの、概ね高評価を得ているようだ。

髑髏のマークをあしらい、海賊然としたクロスボーン・ガンダムのデザインが特徴的。

2000〜

ファンの熱いアンケート結果に答えて、ガンダムシリーズのキャラクターが出てくるゲームソフト上では、何点かこの作品が採用されたものがある。

以上の作品等でクロスボーン・ガンダムの参戦を楽しむ事が出来る。

また、「SDガンダム Gジェネレーション」のプラモデルとして、本作品の主役機が2種発売された。

2003〜

月刊「ガンダムエース」誌上で、後日談にあたる「機動戦士クロスボーンガンダム外伝」が不定期で掲載される。こちらは、長谷川裕一が独自にストーリーを作り出したようだ。例外として少年エースに一度だけ外伝が掲載された。

2005年に「機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート」として単行本化された。


2006〜

月刊「ガンダムエース」誌上にて完結編にあたる「機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人」が2006年7月号から2007年9月号まで連載された。

2012〜

月刊「ガンダムエース」誌上にて、「鋼鉄の7人」の17年後を舞台にした「機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト」が2012年1月号から2016年5月号まで連載された。

機動戦士Vガンダム』と同じ時期となる宇宙世紀0153年が舞台となっている。

2016〜

月刊「ガンダムエース」誌上にて、「ゴースト」の16年後を舞台にした「機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST」が2016年9月号より連載中。

宇宙世紀0169年が舞台となっている。