亀山天皇

一般

亀山天皇

かめやまてんのう

鎌倉時代中期の天皇鎌倉時代後期の治天の君大覚寺統の祖。諱は恒仁(つねひと)。父は後嵯峨天皇

在位中は父上皇院政を行っていた。

上皇の皇統継承者とされ、その崩御後しばらくすると上皇の指名した子・後宇多天皇譲位院政を始める。しかしそのことに不満を抱いた兄の後深草上皇の働きかけにより、子天皇は後に持明院統伏見天皇譲位させられてしまう。

兄と対立し大覚寺統繁栄のための政治工作を行った。