玉木文之進

社会

玉木文之進

たまきぶんのしん

日本の幕末期の長州藩士。教育者。兵学者。諱は正韞。

甥の吉田松陰が講義した松下村塾の創立者である。