吉田松陰

吉田松陰

(社会)
よしだしょういん

日本の武士、思想家、教育者、兵学者、地域研究家。明治維新の精神的指導者。
1830年9月20日(天保元年)、長門国萩松本村(山口県萩市椿東椎原)出身。

概要

1854年、米国のペリー艦隊の船ポータハン号への密航を企てた罪で投獄され、1855年に出獄し蟄居中に生国の萩で子弟を集めて松下村塾の塾長として教育した。
1858年に安政の大獄で再び投獄され、翌1859年11月21日(安政6年)、斬首。

墓所は現東京都世田谷区の松陰神社(松陰を祀る)にある。
「草莽崛起」の言葉が有名。


吉田松陰 留魂録 (全訳注) (講談社学術文庫)

吉田松陰 留魂録 (全訳注) (講談社学術文庫)

吉田松陰

吉田松陰

ネットの話題: 吉田松陰

人気

新着

新着ブログ: 吉田松陰