スマートフォン用の表示で見る

金田正一

スポーツ

金田正一

かねだまさいち

リスト::野球選手

プロ野球選手・監督。通称「天皇」「カネやん」。

左投げ左打ち、ポジションは投手背番号は34番*1

1933年8月1日愛知県生まれ。弟に金田留広投手、通算128勝)、甥に金石昭人投手、通算72勝)、息子に金田賢一(俳優)がいる。妻は元宝塚歌劇団寿美花代と同期だった。

2年生ながら享栄商業のエースとして夏の甲子園に進出するが、惜しくも準決勝で敗退。

その後すぐに高校を中退し、1950年、17歳で国鉄スワローズに入団する。

推定155kmと言われる速球と大きく縦に曲がるカーブを武器に驚異的なペースで勝ち星を積み重ね、

14年連続20勝(1951〜1964年)、ノーヒットノーラン1951年)、完全試合1957年)など輝かしい記録を残す。

1965年10年選手制度*2の権利を使用し、読売ジャイアンツに移籍。

1969年に通算400勝という金字塔を樹立し、その年限りで引退。

通算400勝はもちろん、298敗・4490奪三振・365完投など現在になっても破られないプロ野球記録を数多く残した。

背番号34番は読売ジャイアンツ永久欠番*3

引退後は(株)カネダ企画を経営。

1973年ロッテオリオンズの監督に就任。遺恨試合を仕掛けるなどパ・リーグを盛り上げた。

1974年、リーグ優勝を果たす。日本シリーズを制覇し、日本一に輝く。

1977年には、半期優勝となる。

1978年、退団。

同年、自ら中心となり「日本プロ野球名球会」を設立、現在でも名球会代表幹事として活躍中である。

金田式健康棒の考案者としても有名。

1985年野球殿堂入り。

1990年ロッテオリオンズの監督に復帰。

ジム・トレーバー?との乱闘などで30日間出場停止処分。

1991年、退団。

通算退場処分8回は当時の日本記録。*4

*1背番号34は三振と読めるからという理由で、自身の代名詞として監督になっても変えなかった。

*2:A級としてボーナス受給の権利を行使していたため、B級10年選手として権利を有していた。

*3背番号34は国鉄スワローズでも永久欠番となる余地はあったが、球団身売りにより消滅したのが大きいと金田自身が述べている。

*4:2004年、タフィ・ローズが9回を記録し、更新。