スマートフォン用の表示で見る

金武町

地理

金武町

きんちょう

沖縄県国頭郡金武町は、沖縄本島中央部東海岸に位置し、沖縄県国頭郡に属する地方公共団体である。

面積は37.79km²*1、人口は11,477人*2。 

沿革

1908年4月1日、島嶼町村制により金武村が発足。

1945年4月1日、琉球列島米国軍政府設立され、沖縄県による行政権が停止される。

1946年4月1日、避難収容所の「宜野座市」があった北部の4字(宜野座・惣慶・漢那・古知屋)が分立し宜野座村となる。

1972年5月15日、本土復帰。

1980年4月1日 、町制を施行し、金武町となる。

*1うるま市との境界部地先海面の埋立地0.18km²は境界未定のため面積に含めていない

*22014年10月31日現在