スマートフォン用の表示で見る

空挺部隊

一般

空挺部隊

くうていぶたい

意義

 輸送機・パラシュートグライダー等を用いて、戦闘中の敵の後方や要衝に降下して強襲攻撃を行うことを任務とする部隊。

 非常に困難で危険な任務であるため、各国の軍隊において最も錬度が高く優れた装備をそなえた最精鋭の部隊が、空挺部隊の任務を負うことが通例である。

注意

 ただし、現代ではヘリコプターによる空中機動を本務とすることが多く、実際に空挺降下を行うことは希である。

日本における空挺部隊

 陸上自衛隊東部方面隊第一空挺団が存在する。

 また、パラシュートを用いた自由降下訓練(降下技能)は、レンジャー技能と並んで自衛隊でのトップ技能である。