スマートフォン用の表示で見る

御家人斬九郎

テレビ

御家人斬九郎

ごけにんざんくろう

御家人斬九郎』とは、作家・柴田錬三郎による時代小説昭和51年(1976)に講談社から単行本が刊行されている。1995年から2002年まで五シリーズ(全50話)がフジテレビ・映像京都でドラマ化された。

御家人斬九郎 (新潮文庫)

御家人斬九郎 (新潮文庫)

御家人斬九郎 [新潮CD]

御家人斬九郎 [新潮CD]

テレビ時代劇「御家人斬九郎」キャスト

松平残九郎:渡辺謙

松平麻佐女:岸田今日子

蔦吉:若村麻由美

西尾伝三郎:益岡徹

西尾りく:唐沢潤

おえん:奈月ひろ子

お光:奥田小百合

喜助:牧冬吉

よね:松村康世

おもん:長野いずみ

りよ:日下由美

梅吉:大橋一三

ほか

あらすじ

江戸幕府11代将軍・徳川家斉の治世(1787〜1837年)に大給松平家に名を連ねる名門の家柄ながら、無役・三十俵三人扶持の御家人である松平残九郎家正(通称・斬九郎)が、武士の副業が禁止されていた時代に「かたてわざ」と称する武士の副業によって活躍する物語。

柴田錬三郎の原作は数本の短編作品を収録した文庫本1冊分だけであったため、松平麻佐女役の岸田今日子深川辰巳芸者・蔦吉役の若村麻由美など多彩かつ魅力的なキャラクター達を活かしたオリジナル作品が数多く制作された。