スマートフォン用の表示で見る

幸福実現党

社会

幸福実現党

こうふくじつげんとう

D D

D D

現実に国民を救済し幸福を具体化するためには、やはり宗教活動だけでは不十分であり、宗教法人とは別に政治団体を旗揚げする必要があると考えるに到った宗教法人幸福の科学大川隆法総裁が旗揚げした(2009年5月に立党)政治団体総裁大川隆法*1衆院選では総裁大川隆法THE BLUE HEARTSベーシスト河口純之助や、「金田一少年の事件簿」「探偵学園Q」で知られる漫画家さとうふみやなど選挙区・比例計337人が出馬。結果は全員落選。比例区の得票は459,378票で、得票率は0.65%。

幸福実現党主要政策(2013年6月)

1,国防強化(憲法改正抑止力強化・自虐史観の払拭)◎憲法9条改正し、隣国の脅威から日本を守る。◎日米同盟を基軸としつつ、自主防衛力の強化に取り組む。◎改憲や国防の足かせとなる自虐史観の払拭。

2,消費増税中止(経済成長)◎消費増税の中止。日米経済の再建に必要なのは増税でなく経済成長。◎「200兆円未来国家建設プラン」による、高度経済成長の実現。◎法人税の大幅減税によって、企業を元気にし、働き口と収入を増やす。

3,生涯現役社会(高齢者雇用拡大)◎高齢者雇用や活躍の場を拡大し、もっと長寿を楽しめる生涯現役社会を実現。◎相続税贈与税の廃止などにより家族の絆を強め、老後の不安の払拭。◎地域の絆を強化し、高齢者にとって住みよい街づくりの推進。

2009年5月24日宗教法人幸福の科学東京正心館にて、幸福実現党の出陣式開催。あえば直道初代党首。
2009年5月25日幸福実現党立党記者会見をパストラル虎ノ門にて開催。
2009年5月27日幸福実現党立党大会をホテルパシフィック東京で開催。
2009年6月5日幸福実現党本部にて大川きょう子新党首の記者会見が行われる。
2009年8月16日役員会において、大川隆法総裁が2009年衆議院選において「比例近畿ブロック第1位」で出馬することに最終決定。本地川瑞祥(もとちかわずいしょう) ⇒ 党首代行(比例東京ブロック1位)。あえば直道党首代行(比例東京ブロック1位)⇒宣伝局長(比例東京ブロック7位)に変更
2009年9月2日本地川瑞祥党首代行は、衆院選の結果の責任を取り辞任。後任選出の選挙の結果、改めて、本地川瑞祥が改めて選出され、党首に即時就任
2009年9月12日衆院選の結果を受け、大川隆法総裁が、党総裁を辞任。党首および三役も辞任。新たに木村智重(ともしげ)党首・林雅俊幹(まさとし)事長・黒川白雲(はくうん)政調会長(留任)・松島宏典(ひろのり)総務会長・佐藤直史(なおふみ)選挙対策委員長田中順子広報本部長(留任)・饗庭直道(あえばじきどう)広報本部長代理が選出される。
2009年11月22日11 月 22 日(日曜日)、東京都内において、「幸福実現党・再始動大会」が開催される。大会の中では、党首・木村智重(51)より、「来年度参院選に向けて、全国での立候補者擁立を念頭に置き、積極的にチャレンジしてゆく」旨の再始動ビジョンを発表するとともに、「新しい国づくりへの夢と理想」を党員数千名と確認。
2010年4月15日幸福実現党』党首交代について・・・幸福実現党は、4月15日の役員会において、幸福実現党の党首として、小林 早賢〈そうけん〉(元・党幹事長)を選出。
2010年4月21日役員会において、幸福の科学グループ創始者幸福実現党創立者 大川隆法総裁が、党名誉総裁就任。また、4月15日就任した小林早賢(そうけん)党首が、体調不良の理由により辞任を表明したため、同役員会にてこれを受理し、新党首として、石川悦男(えつお)(元幸福の科学理事長・52歳)を選出することを決定。
2010年5月大江康弘改革クラブから移籍して国会議席を持つこととなった。
2010年5月幸福実現党 立党一周年記念大会が5月16日(日)14:00〜九段会館にて開催。宗教法人幸福の科学の全国の各施設において、同時衛星中継。
2010年6月6 月17 日の役員会で、饗庭直道 広報本部長代理を参院選比例代表候補として公認する。
2010年7月参院選では24名(選挙区19名、比例代表区5人)が出馬、全員が落選した。得票は比例区で229,026票で、得票率は0.39%であった。
2010年7月石川悦男党首が辞任を表明したことをうけ、新党首として、立木秀学(ついきしゅうがく)を選出することを決定。
2010年8月役員会で、以下の人事が了承される。(新党役員)・松島弘典幹事長(兼)選挙対策委員長(前 選挙対策委員長)・林雅敏総務会長(前 幹事長)・滝口笑(えみ)女性局長・小島一郎幹事長代理
2012年8月1日役員会にて、釈量子(しゃく りょうこ)青年局長 ⇒ 青年局長(兼)女性局長。竜の口法子(女性局長)は、党役員から退任が了承される。
2012年10月3日次期衆院選比例ブロック42名、小選挙区21名、全国 計63名の候補者擁立を決定。
2012年10月3日9月26日(水)の役員会にて、10月の衆議院鹿児島第3区補欠選挙に、松澤力(まつざわいさお)を候補者として擁立することを決定。
2012年10月28日国民新党松下忠洋金融郵政民営化担当相の死去に伴う、野田政権発足後初の国政選挙となった衆院鹿児島3区補欠選挙は28日、投開票され、「幸福実現党」党員の松沢力氏(30)も立候補したが、落選。確定投票率は56.60%で、2009年の前回衆院選時の72.95%を下回り、過去最低であった。
2012年11月4日10月26日(金)の役員会にて、以下の人事が了承される。<新・党役員>【プロフィール】トクマ(TOKMA) 青年局長1966年11月11日 東京都出身(45歳)青山学院大学経済学部卒業 ロックシンガー<人事>釈(しゃく) 量子(りょうこ) 青年局長(兼)女性局長 ⇒ 女性局長。
2012年10月26日幸福実現党は、10 月26 日(金)の役員会にて、12 月の東京都知事選挙に、トクマを候補者として擁立することを決定。
2012年12月16日平成24年 東京都知事選挙 開票結果・・・トクマ 幸福実現党より出馬、得票数47,829 結果は落選。
2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙選挙区20名、比例代表42名、計62名を擁立。結果は全員落選。
2012年12月27日幸福実現党は12月27日の役員会で、大川隆法名誉総裁の党総裁就任を決定するとともに、立木秀学党首の辞任を受け、新党首として、矢内筆勝(ひっしょう)を選出いたしました。【党総裁大川隆法(前 党名誉総裁)【新党首】矢内筆勝(前 出版局長)【その他の役員人事】江夏正敏 幹事長(兼)選挙対策委員長(前 参謀総長)、加藤文康 総務会長(前 研修局長)、立木秀学 出版局長(前 党首)、松島弘典 研修局長(前 幹事長〔兼〕選挙対策委員長)、林雅敏(総務会長)は退任。参謀総長のポストは廃止される。
2012年12月29日12月29日(土)の幸福実現党役員会にて、以下の人事が了承される。(新・党役員)杉浦 満春 総務会長代理
2013年1月8日1月8日(火)の役員会にて、以下の人事が了承される。<人事>・黒川 白雲(はくうん) 政調会長 ⇒ 政調会長(兼)出版局長・立木(ついき) 秀学(しゅうがく)出版局長は、党役員から退任し、HS政経塾長として政治家養成に専念。
2013年1月9日幸福実現党は、1月9日(水)の役員会にて、4月の参議院山口選挙区補欠選挙に、河井美和子(かわいみわこ)を公認候補者として擁立することを決定。
2013年1月9日幸福実現党は、1月9日(水)の役員会にて、以下の21名を次期参議院議員選挙の公認候補者として擁立することを決定。【比例代表】矢内 筆勝(やない ひっしょう)【選挙区】〈北海道〉森山 佳則・〈山形県〉城取 良太・〈福島県〉酒井 秀光・〈埼玉県〉谷井 美穂・〈東京都〉釈 量子・〈山梨県〉田邉 丈太郎・〈静岡県〉中野 雄太・〈岐阜県〉加納 有輝彦・〈愛知県中根 裕美・〈三重県〉小川 俊介・〈兵庫県〉湊 侑子・〈奈良県〉田中 孝子・〈和歌山県〉久保 美也子・〈島根県〉池田 節子・〈岡山県〉安原 園枝・〈広島県〉日高 順子・〈福岡県吉冨 和枝・〈宮崎県〉河野 一郎・〈鹿児島県〉松澤 力・〈沖縄県〉金城 竜郎
2013年1月17日幸福実現党は、1月17日(木)の役員会にて、参議院議員選挙の公認候補者として〈栃木県〉杉浦 満春〈富山県〉吉田 かをる〈京都府〉曽我 周作〈徳島県〉小松 由佳の4名を次期参議院議員選挙の公認候補者として擁立することを決定。
2013年2月5日幸福実現党は、2月5日(火)の役員会にて、参議院議員選挙の公認候補者として〈青森県〉石田 昭弘〈岩手県〉�癲橋 敬子〈宮城県〉皀(さいかち)智子(のりこ)〈群馬県安永 陽(あきら)〈千葉県松島 弘典〈神奈川県〉及川 幸久〈新潟県〉生越(おごせ)寛明〈石川県〉宮元 智〈滋賀県荒川 雅司〈大阪府〉森 悦宏〈鳥取県〉吉岡 由里子〈香川県〉中西 利恵〈愛媛県〉森田 浩二〈高知県〉橋詰 毅〈佐賀県〉板花 たか子〈長崎県〉山田 聖人大分県〉上田 敦子の17名を擁立することを決定。
2013年2月13日幸福実現党は、2月13日(水)の役員会にて、参議院議員選挙の公認候補者として〈秋田県〉西野 晃〈福井県〉白川 康之〈熊本県〉守田 隆志の3名を擁立することを決定。
2013年3月6日幸福実現党は、3月6日(水)の役員会にて、参議院議員選挙の公認候補者として〈長野県味岡 淳二を擁立することを決定。
2013年3月13日幸福実現党は、3月13日(水)の役員会にて、〈佐賀県 公認候補者〉中島 徹を参議院議員選挙の公認候補者として擁立するとともに、板花孝子(2月5日公認)につきましては、一身上の都合による出馬辞退の意向を受け、公認が取り下げられました。
2013年4月9日幸福実現党は、4月3日(水)の役員会にて、〈茨城県〉中村 幸樹を参議院議員選挙の公認候補者として擁立することを決定。
2013年4月28日参議院山口県補欠選挙 開票結果・・・かわい美和子 幸福実現党より出馬、得票数10096票 結果は落選。
2013年5月3日憲法記念日にあたって、幸福実現党は全国一斉街宣を行い、憲法改正を訴える。
2013年5月9日憲法96条改正についての幸福実現党の考え方を表明・・・幸福実現党としては、憲法9条改正の必要性を強く訴えるとともに、「今、そこにある危機」に即応すべく、憲法解釈を変更し、憲法前文で謳う「平和を愛する諸国民」とは言えない国家に対しては、9条を適用しないことを明確にした上で、自衛隊法などの関連法を包括的に見直し、有事への備えを万全にするよう改めて提言。
2013年5月22日幸福実現党は、5月22日(火)の役員会にて、〈山口県〉河井 美和子を参議院議員選挙山口選挙区の公認候補として擁立することを決定いたしました。これにより、幸福実現党は、47都道府県すべての選挙区にて公認候補を擁立。
2013年6月26日幸福実現党青年局長のトクマと、一般財団法人いじめから子供を守ろうネットワーク」代表・いざわ一明を、夏の参院選の比例候補として擁立を決定。6月26日(水)14時〜幸福実現党本部5階(東京都港区赤坂2-10-8)にて、記者会見が行われる。【登壇者】 矢内筆勝党首、幹事長選挙対策委員長、トクマ青年局長、いざわ一明代表。
2013年7月21日第23回参議院議員選挙に於いて、47都道府県すべての選挙区にて公認候補を擁立し、矢内筆勝党首と、幸福実現党青年局長のトクマと、一般財団法人いじめから子供を守ろうネットワーク」代表・いざわ一明の3名を比例候補として擁立。結果は全員落選。
2013年7月25日幸福実現党は7月24日の役員会で矢内筆勝党首の辞任を受け、新党首として、釈量子(しゃくりょうこ)を選出。以下の人事についても了承される。<新党首>・釈量子(前 女性局長)<その他の役員人事>・加藤文康 幹事長(前 総務会長)・江夏正敏 総務会長(前 幹事長(兼)選挙対策委員長)・黒川白雲 政務調査会長(前 政務調査会長(兼)出版局長)・矢内筆勝 出版局長(前 党首)・大門未来(おおかどみき)広報本部長(前 財務局長)・饗庭直道(あえばじきどう) 調査局長(前 広報本部長)・北林寛子(きたばやしひろこ)財務局長・國領豊太(こくりょうぶんた)事務局長・松島まつしま 弘ひろ典のり(研修局長)は退任いたしました。・選挙対策委員長のポストは空席となりました。
2013年7月26日7月25日の役員会にて、以下の人事が了承される。<新・党役員>・伊田 信光 シニア局長・杉浦 満春(総務会長代理)は、党役員から退任。
2013年9月27日幸福実現党は、この度、9月27日(金)の役員会にて、以下の人事が了承される。<人事>・江夏正敏…総務会長⇒政務調査会長矢内筆勝…出版局長⇒総務会長(兼)出版局長・黒川白雲…(政務調査会長)は、党役員から退任。
2014年7月22日幸福実現党は、7月22日(火)の役員会にて、以下の人事が了承さる。<人事>・伊田 信光 シニア局長⇒研修局長(兼)シニア局長。
2014年11月14日幸福実現党財務局長の「北林 寛子」は、今後、「七海(ななみ) ひろこ」に改名される。 11月14日(金)の役員会にて、以下の人事が了承される。 <人事異動>・大門未来(おおかど みき)(広報本部長)は、党役員から退任。広報本部長は、空席となります。
2014年11月17日幸福実現党は、11月17日(月)役員会にて、次期衆院選における候補者の擁立を検討し、全国11ブロックの比例代表選挙に、計42名の候補者を擁立することを決定。
2014年12月14日幸福実現党は、12月14日に行われた、第47回衆議院議員選挙、比例候補として42名が出馬、260,111票獲得する。(得票率0,49%【前回0.36%】)結果は全員落選。
2015年4月幸福実現党は、2015年4月の統一地方選挙に於いて、公認40名、推薦15名を擁立し、公認5名、推薦3名が当選。以下、当選した公認候補者北海道幕別町(町議)小島智恵(34歳・町議会議員)・埼玉県三芳町(町議)細田三恵(47歳・下外交販売員)・長野県駒ヶ根市市議)塩沢康一(42歳・針灸師)・愛知県東浦町(町議)原田悦子(59歳・宗教法人幸福の科学支部長)・石川県津幡町(町議)井上新太郎(68歳・医院事務長)
2015年7月22日7月22日(水)の役員会にて、以下の人事が了承されました。<人事>・七海(ななみ)ひろこ財務局長⇒広報本部長(兼)財務局長・トクマ(TOKMA)青年局長⇒遊説局長・國領(こくりょう)豊太ぶんた事務局長⇒事務局長(兼)青年局長
2015年12月25日幸福実現党 第24回参議院議員通常選挙 徳島高知選挙区 公認候補予定者決定(第1次)幸福実現党は、11月25日の役員会にて、来年の参院選徳島高知選挙区に福山正敏(ふくやままさとし)を公認候補として擁立することを決定。【氏名】福山 正敏(ふくやま まさとし)【性別】男性【生年月日】1970年12月14日(44歳)【出身】徳島県徳島市【最終学歴名古屋工業大学 工学部【役職】《党役職》幸福実現党 徳島県本部副代表(兼)高知県本部副代表《現職》幸福の科学 巡回支部長【略歴】1993年3月:名古屋工業大学工学部材料工学科卒/1993年4月:(株)クボタ 入社/1994年8月:(株)クボタ 退社/1994年9月:宗教法人幸福の科学 入局/2009年5月:幸福実現党 入党/2015年7月:幸福実現党 徳島県本部副代表(兼)高知県本部副代表【決意表明】合区解消を目指し、「徳島高知合区特区」を設け、大胆な規制緩和や減税を掲げて戦ってまいります。
2015年12月18日第24回参議院議員通常選挙 37選挙区公認候補予定者の決定(第2次)幸福実現党は、来年の参院選にて、37選挙区における公認候補予定者を決定。徳島高知選挙区と合わせて、公認候補予定者は、計38名となる。【選挙区】< 北海道 >森山佳則 < 青森県 >三國佑貴< 岩手県 >石川幹子 < 宮城県 >油井哲史< 秋田県 >西野晃 < 山形県 >城取良太< 福島県 >矢内筆勝< 茨城県 >中村幸樹 < 栃木県 >三觜明美< 千葉県 >古川裕三< 神奈川県 >壹岐愛子< 新潟県 >横井基至< 石川県 >宮元智< 福井県 >白川康之< 岐阜県 >加納有輝彦< 静岡県 >江頭俊満< 愛知県 >中根裕美< 三重県 >野原典子< 滋賀県 >荒川雅司< 大阪府 >数数圭吾< 兵庫県 >湊侑子< 奈良県 >田中孝子< 和歌山県 >西本篤< 鳥取県島根県 >国領豊太< 岡山県 >田部雄治< 広島県 >佐伯知子< 山口県 >河井美和子< 徳島県高知県 >福山正敏 < 香川県 >中西利恵 < 愛媛県 >森田浩二< 福岡県 >吉冨和枝< 佐賀県 >中島徹 < 長崎県 >江夏正敏< 熊本県 >木下順子< 大分県>上田敦子< 宮崎県 >河野一郎< 鹿児島県 >松澤力< 沖縄県 >金城竜郎
2015年12月16日第24回参議院議員通常選挙 比例代表1名、選挙区1名の公認候補予定者発表(第3次)幸福福実現党は、12月16日の役員会にて、来年参院選比例代表1名と富山県選挙区の公認候補予定者を決定。これまでの公認候補予定者の発表と合わせますと、比例代表1名、選挙区39名、計40名となる。【比例代表】七海ひろこ 【選挙区】< 富山県 >吉田かをる
2015年3月4日第24回参議院議員通常選挙 選挙区2名の公認候補予定者発表(第4次)幸福実現党は、来年参院選群馬県選挙区山梨県選挙区の公認候補予定者を決定しましたのでお知らせします。なお、これまでの公認候補予定者の発表と合わせますと、比例代表1名、選挙区41名、計42名となります。【選挙区】< 群馬県 >安永 陽 < 山梨県 >西脇 愛
2016年3月17日幸福実現党は、3月16日の役員会にて、衆議院京都3区補欠選挙大八木みつこ氏を公認候補として擁立することを決定し、3月17日、京都府記者クラブにて公認候補擁立の発表、ならびに出馬表明の記者会見を行う。
2016年4月24日第47回衆議院議員補欠選挙 京都府第3区 大八木光子 31歳 幸福実現党 新 2,247 得票率2.3%(幸福実現党京都府本部副代表) 結果は落選。
2016年5月17日第24回参議院議員通常選挙 選挙区1名の公認候補予定者発表(第5次)幸福実現党は、次期参院選埼玉県選挙区の公認候補予定者を決定。 なお、これまでの公認候補予定者の発表と合わせますと、比例代表1名、選挙区42名、計43名となります。【選挙区】< 埼玉県 >小島 一郎
2016年5月20日第24回参議院議員通常選挙 選挙区1名の公認候補予定者発表(第6次)幸福実現党は、次期参院選長野県選挙区の公認候補予定者を決定。なお、これまでの公認候補予定者の発表と合わせますと、比例代表1名、選挙区43名、計44名となります。【選挙区】< 長野県 >及川 幸久
2016年6月6日第24回参議院議員通常選挙 選挙区1名の公認候補予定者発表(第7次)幸福実現党は、次期参院選東京都選挙区の公認候補予定者を決定。なお、これまでの公認候補予定者の発表と合わせますと、比例代表1名、選挙区44名、計45名となります。【選挙区】< 東京都 >トクマ
2016年6月13日第24回参議院議員通常選挙 選挙区1名の公認候補予定者発表(第8次)幸福実現党は、次期参院選京都府選挙区の公認候補予定者を決定。なお、これまでの公認候補予定者の発表と合わせますと、比例代表1名、選挙区45名、計46名となります。【選挙区】< 京都府 >大八木 光子
2016年6月17日第24回参議院議員通常選挙 比例代表1名の公認候補予定者発表(第9次)幸福実現党は、次期参院選比例代表1名の公認候補予定者を決定しましたのでお知らせします。なお、これまでの公認候補予定者の発表と合わせますと、比例代表2名、選挙区45名、計47名となります。【比例代表】釈 量子
2016年7月12日第24回参議院議員通常選挙に於いて(7月10日に投開票)、幸福実現党公認候補の結果は全員落選。比例選での幸福実現党確定得票366,815(0,65%)政党名306,518個人名 60,297 七海ひろこひろ子31,717・釈量子28,579
2016年7月13日幸福実現党は、7月13日の役員人事にて、この度、以下の人事が了承される。<新・党役員>・松島 弘典 幹事長【加藤文康(幹事長)は、党役員から退任】
2016年7月14幸福実現党は、7 月 13 日(水)の役員会にて、7月14 日(木)告示東京都知事選挙に、七海ひろこを候補者として擁立することを決定いたしました。【氏名】七海ひろこ(ななみひろこ)【性別】女性【生年月日】 昭和 59 年 8 月 1 日(31 歳)【出身】東京都【最終学歴慶應義塾大学法学部卒業【役職】幸福実現党 広報本部長(兼)財務局長【略歴】 2007 年 4 月〜2009 年 5 月(株)NTT データ《2013 年 7 月〜2015 年 7 月 幸福実現党 財務局長・2015 年 7 月〜現在 幸福実現党 広報本部長 兼 財務局長》

*1:党首に饗庭直道、党首代行に大川きょう子を据えていた。