スマートフォン用の表示で見る

大川隆法

一般

大川隆法

おおかわりゅうほう

幸福の科学グループ創始者 兼 総裁

D D

D D

D D

前歴

1956(昭和31)年7月7日、徳島県生まれ。旧名は中川隆。東京大学法学部(政治学科)卒業後、大手総合商社入社。財務や外国為替等に従事し、ニューヨーク本社に勤務するかたわら、ニューヨーク市立大学大学院で国際金融論を学ぶ。

宗教家として

1981年に大悟し、同年7月、自らが再誕の仏陀であり、人類幸福化・人類救済の大いなる使命を持つ「エル・カンターレ」であると自覚する。1986年、「幸福の科学」を設立。幸福になるための心の教え「仏法真理」を発信し続けている。現在、全国および海外に数多くの精舎(研修施設)を建立するなどの活動を展開している。大講演会や全世界の支部巡錫説法などの説法回数は、幸福の科学設立以来1600回を超えると発表されている。全国・全世界の精舎・支部は数百に及ぶ。

著述家として

『太陽の法』『幸福実現党宣言』(幸福の科学出版刊)など、著作は1800書を超える。年間2千冊の読書量で、10万冊を超える個人蔵書を持ち、教育、政治、経済、宇宙など多岐にわたる内容の説法は、人々の生きる指針となり、その多くがミリオンセラーとなっている。年間書籍発行数のギネス世界記録を保持。主な著書は21カ国語に翻訳され、全世界に多数の愛読者を持つ。教えの内容は、心の教えを中心に、政治、経済、国際関係、教育など多岐にわたり、ワールド・ティーチャーとして数多くの提言も行っている。

メディア文化事業

既に「仏陀再誕」(2009年)など、8作の映画の製作総指揮をしており*1、いずれも全国一斉ロードショー公開され、2012年秋(10月)には第8作目「神秘の法」が公開された。

社会的活動

国防・経済・教育など、多岐にわたる分野で、一般的には真正保守に近いとみられる独特の思想を持ち、国師として、数多くの政策提言も行っている。2009年、その実践のために、幸福実現党の創立者(同党の総裁でもある)。同年8月の第45回衆議院議員総選挙比例近畿ブロック名簿順位1位で立候補したが落選。現在も活動中。上記の映画「ファイナル・ジャッジメント」は、幸福実現党をモデルとして制作されたようです。また、幸福の科学学園中学校・高等学校を創立(2010年開校)し、教育事業にも進出。HSU(ハッピー・サイエンス・ユイバーシティ)の創設者でもある。より具体的にユートピアを建設するため、さまざまな事業を展開されている。

※HSU(ハッピー・サイエンス・ユイバーシティ)2015年4月より私塾として開学。⇒ http://info.happy-science.jp/2014/12309/ 

幸福の科学大学(仮称)は、現在設置認可申請中です。⇒ http://university.happy-science.jp/ 

2012年12月19日、大川紫央(おおかわしお)総裁補佐と結婚。

*1アニメ映画として、制作体制声優キャストが豪華なことで、アニメファンのあいだではいろいろな意味で有名。7作目の「ファイナル・ジャッジメント」は実写映画【CGの部分もあるが・・・・・・】

大川隆法
目次
  • 大川隆法とは
    • 前歴
    • 宗教家として
    • 著述家として
    • メディア文化事業
    • 社会的活動