スマートフォン用の表示で見る

今成亮太

スポーツ

今成亮太

いまなりりょうた

プロ野球選手。

身長178cm、体重72kg、右投左打、ポジションは捕手背番号は62番。

1987年10月6日生まれ、埼玉県富士見市出身。

浦和学院高校から2005年に高校生ドラフト4巡目で北海道日本ハムファイターズに入団。


野球選手、捕手としては少し小柄だが、身軽なフットワーク、鋭いスローイング、巧みなインサイドワークは高校時代から評価が高い。また、捕手には珍しい左打者で、シュアなバッティング技術も高い評価をされている。

元々は内野手出身であり、中学時代はサッカー部に所属。高校では2年先輩である須永英輝投手(現北海道日本ハムファイターズ)の専属捕手を務めていた。1年秋に正捕手の座を掴み、2年夏、3年春と2度の甲子園出場を果たしている。

2006年の二軍戦では、試合前にマツケンサンバを披露。同年の鎌ヶ谷ファンフェスティバルではソーラン節を披露するなど随所で見事なダンスパフォーマンスを見せるため、「ダンシング今成」の愛称が浸透し始めている。

また、2006年12月現在、北海道日本ハムファイターズモバイル(携帯)サイトで「今成亮太 IMANARythm」という日記を掲載している。

ちなみに父・泰章は現北海道日本ハムスカウト。ここ数年は強行指名ドラフトを賑わしている日本ハムだが、山田正雄北海道日本ハム編成部シニアディレクターと共に「山田・今成コンビ」として04年にはダルビッシュ有(東北高-北海道日本ハム)、05年には木下達生(東邦高-北海道日本ハム)の入団を漕ぎ付けている敏腕スカウトである。


経歴

年度所属背番号備考
2003-2005浦和学院高校-甲子園出場あり
2006-2012北海道日本ハムファイターズ622005年高校生ドラフト4巡目
2012-阪神タイガース 若竹竜士とのトレード