スマートフォン用の表示で見る

札幌市西区

地理

札幌市西区

さっぽろしにしく

札幌市西区は、北海道札幌市行政区の一つ。

札幌市の西側に位置している。

1972年4月1日、札幌市政令指定都市移行とともに設置された。

1989年11月6日、区域の北部手稲区として分区。

面積は75.10km²、人口は214,360人*1

地勢

東部は中央区、南西部は山岳地帯に沿って南区、西部は手稲山を境に手稲区、そして北東部は新川琴似川をはさんで北区に接している。

発寒八軒二十四軒・西野・宮の沢琴似・福井・小別沢・山の手・西町・平和の11地区からなる。

手稲山を源にした琴似発寒川扇状地の上に発展しており、東西14km、南北に11.4kmの広がりがあり、札幌市10区の中で南区に次いで2番目の広さである。

そのうちの約3分の1に当たる25.2km²が市街化区域で、残りが丘陵部などとなっている。

西区の南西部一帯は、手稲山を主峰として百松沢山・五天山・三角山などが連なって深い渓谷をつくり、山あいをぬっていくつもの小河川が流れている。

これらの小河川を集め、区のほぼ中央部を流れる琴似発寒川は、平和の滝や西野ふれあい広場などに代表されるように、区民の憩いの川として親しまれている。

三角山、手稲山には自然を利用した「自然歩道」が設けられ、春から秋にかけて、格好のハイキングコースとして多くの人たちでにぎわっている。

また、個性豊かな区にしようと進めているふれあい街づくり事業では、琴似発寒川を舞台に魅力ある楽しい河畔づくりを目指し、稚魚の放流、河畔の一斉清掃などを地域住民と行っている。

その他、ふれあいのスポーツとして、緑の中でだれでも気軽にできるスポーツ・パークゴルフを多くの市民・区民に楽しんでもらえるようコースの整備などを行っている。

2004年には札幌市の「環境モデル区」となった西区では、豊かな自然を生かした、地球に優しいまちづくりをこれからも進めていく。

区の北側、発寒地区には鉄工団地、木工団地など、札幌市産業の重要拠点の一つとして創造性豊かな地場産業根付き、区の中央、琴似地区は、古くから札幌の西の拠点として、区役所などの公共施設やさまざまな商業施設が集まり、発展を遂げている。

また、宮の沢地区に生涯学習総合センター(ちえりあ)、八軒地区には西健康づくりセンター・まちづくり情報交流センターが整備され、多くの市民の活動の場として利用されている。

シンボルマーク(右上)

三角形は手稲山と発展する西区象徴し、緑色は西区の美しい自然を表す。

白色の部分はWEST(西)のWを二羽の野鳥になぞらえ、区民の融和と協調を表す。

1976年7月制定

*12016年8月1日現在