三段論法

一般

三段論法

さんだんろんぽう

大前提(大抵は普遍的な法則)と小前提(大抵は眼前の事実)から結論を導き出す推論の方法。アリストテレスによって体系化された。

三段論法の例

大前提
全ての人間は死ぬ。
小前提
ソクラテスは人間である。
結論
ゆえに、ソクラテスは死ぬ。