スマートフォン用の表示で見る

四十八願

一般

四十八願

しじゅうはちがん

浄土教の48の誓願のこと。浄土教の根本経典である「無量寿経」に説く、阿弥陀仏がまだ法蔵菩薩として修行していたときに仏になる条件として立てたもので、特に第十八願(念仏往生願)は重視されている。