スマートフォン用の表示で見る

四万温泉

地理

四万温泉

しまおんせん

群馬県吾妻郡中之条町にある温泉

永延3年(989)頃、源頼光四天王の1人として勇名を轟かせていた、日向守碓氷貞光が越後から上野国に越える時、夜もすがら読経をしていた。夜半の頃、どこからともなく童子が現れて、「汝が読経の誠心に感じて四万の病悩を治する霊泉を授ける。我はこの山の神霊なり。」と夢うつつにこの神託を聞いた。覚めた後、湧出する温泉を見つけた貞光は、温泉を御夢想の湯と呼び、この地を神託にちなみ四万の郷と名付けた。

* リスト:リスト::温泉