スマートフォン用の表示で見る

姉川の戦い

社会

姉川の戦い

あねがわのたたかい

姉川の戦い(あねがわのたたかい)

1570年、近江国姉川で織田信長徳川家康連合軍浅井長政朝倉義景連合軍との間で行われた合戦。信長が越前へ侵攻を開始すると、朝倉とも縁のあった長政は信長から離反、挟撃された信長は決死の退却。信長は反攻のため直ちに近江へ出陣、姉川を挟み激戦となったが信長が勝利した。これにより近江・越前を掌握。その後、浅井朝倉連合軍比叡山の僧兵や一向宗と手を結び抵抗を続けた。後に、延暦寺焼き討ちが起きることになる。