スマートフォン用の表示で見る

志水辰夫

読書

志水辰夫

しみずたつお

作家。

プロフィール

1936年12月17日、高知県に生まれる。本名は川村光暁。ファンには「シミタツ」の愛称で呼ばれている。

公務員、出版社勤務、雑誌のライターなどを経て、1981年に『飢えて狼』でデビュー。

1985年『背いて故郷』で日本推理作家協会賞を受賞。

1991年『行きずりの街』で日本冒険小説協会大賞受賞。

1994年『いまひとたびの』で日本冒険小説協会大賞最優秀短篇賞、「本の雑誌」年間ベスト1に輝く。

現在は札幌に在住。

独特の筆致は‘志水節’と呼ばれる。