スマートフォン用の表示で見る

自切

自切は、捕食者から襲われた際に、脚や尾といった付属肢を自ら切り捨て身を守ることである。

バッタやクモ、トカゲ、カニなど多くの分類群で見られる。

自切する場所はあらかじめ決まっており、切り離しやすくなっている。

また、自切部位を再生させることのできる種も多い。

しかし、再生は完全にはなされず自切前より小さくなることもある。加えて再生にはコストがかかり発育期間に影響を与えるという報告も多い。