女が階段を上る時

映画

女が階段を上る時

おんながかいだんをのぼるとき

リスト::日本の映画::題名::あ行

製作国 日本映画

製作会社 東宝

公開年 1960年

夫に死なれ、生活のために銀座の高級バーで雇われマダムとして働いている圭子(高峰秀子)。彼女とその周辺の人物たちの関わりの中から、女の哀しみが浮き彫りになっていく名匠・成瀬巳喜男監督の女性映画。この世界でのしあがっていくためには身体を張るなどしてうまく立ち回ることが必要だが、それができない圭子の苦悩。また彼女はマネージャー(仲代達矢)が自分を愛していることを知りつつも、他の男に走り、そして裏切られていく。しかしそれでも決して涙を見せない彼女は、見事なまでに成瀬映画のヒロインとして屹立しているのだ。タイトルは、店がビルの2階にあることに由来しており、階段を上る女の辛さと、上った後の別世界で凛と振舞う女の強さ、その両面を見事に表している。キャストではやはり高峰、仲代が好演しているが、加東大介ら成瀬映画の常連たちも、いつもながらにいい味を出している。(増當竜也

Amazonレビューより

スタッフ

監督 成瀬巳喜男

製作 菊島隆三

脚本 菊島隆三

撮影 玉井正夫

音楽 黛敏郎

美術 中古智

DVD

女が階段を上る時 [DVD]

女が階段を上る時 [DVD]