スマートフォン用の表示で見る

小説神髄

読書

小説神髄

しょうせつしんずい

坪内逍遙の作。小説の描くべきものはごく普通の人の「人情」であると説いた。