スマートフォン用の表示で見る

小泉喜美子

読書

小泉喜美子

こいずみきみこ

推理小説作家・翻訳家

元夫は生島治郎。作家生活を優先させるため離婚。


昭和9(1934)年東京生まれ。

昭和34(1959)年、EQMM第1回短編コンテストに応募した「我が盲目の君」が準佳作となる。

昭和38(1963)年、第1回オール讀物推理新人賞の候補作になった『弁護側の証人』でデビュー。

昭和60(1985)年、事故により没。