スマートフォン用の表示で見る

小島聡

スポーツ

小島聡

こじまさとし

プロフィール

生年月日1970年9月14日
出身地東京都江東区
身長183cm
体重112kg
得意技ラリアット、コジコジカッター、いっちゃうぞエルボー
所属全日本プロレス

高校卒業後、サラリーマン生活の傍らアニマル浜口ジムでトレーニングを積み、91年2月に新日本プロレスに入門。同年7月16日、帯広市総合体育館での対山本広吉(現・天山広吉)戦でデビュー。

94年3月に行われた第5回ヤングライオン杯では大会史上初の全勝優勝を達成。同年12月には海外武者修行に出発。イギリスカナダドイツなどで活躍。

96年1月に凱旋帰国。同年6月に、IWGPヘビー級王座(王者・橋本真也)に初挑戦。8月にはG1初出場。

97年5月3日、大阪ドーム大会にて中西学とのコンビで長州力佐々木健介組を下し、第31代IWGPタッグ王者に輝く。98年12月、武藤敬司とのタッグでSGタッグ・リーグ戦を制覇。99年1月4日、東京ドーム大会にて天山との天コジ・タッグで天龍源一郎越中詩郎組を下し第36代IWGPタッグ王者に君臨。その後、天コジ・タッグで第40代IWGPタッグ王者になったときは、6度の防衛を果たすなどの記録を残している。

2002年1月31日に新日本プロレスを離脱し、同年2月26日に全日本プロレスに入団した。

2003年はチャンピオン・カーニバル初制覇、世界最強タッグ初優勝と全日本プロレス2003の顔とも言える大活躍を見せ、一方でZERO-ONE火祭りリーグにも参戦し優勝。

2004年にはカズ・ハヤシとのタッグで世界タッグアジアタッグのタッグ二冠王に輝いた。

2005年2月16日には川田利明のV11を阻止して第33代三冠ヘビー級王者に輝き、2月20日にはIWGPとの統一戦として天山と対戦。KO勝ちを収め全日・新日のベルトを初めて統一した。

しかし、5月14日には天山のリベンジを許しIWGP王座を失った。

スタン・ハンセン直伝のラリアットが魅力の選手。

2005年プロレス大賞MVP

2006年7月3日、太陽ケアに敗れ三冠ヘビー王座陥落。




リスト::プロレスラー