スマートフォン用の表示で見る

色収差

サイエンス

色収差

いろしゅうさ

通常、光は波長によって物質に対する屈折率が異なる。そのため、レンズに光を通すと、色によって焦点距離に差が生じる。そのため、レンズを通して見た時に像を結ぶ位置にずれが生じ、ボケが生じる。これを色収差という。顕微鏡望遠鏡ではこの色収差を補正するために、複数のレンズを使用するなど工夫が施されている。