色収差

(サイエンス)
いろしゅうさ

通常、光は波長によって物質に対する屈折率が異なる。そのため、レンズに光を通すと、色によって焦点距離に差が生じる。そのため、レンズを通して見た時に像を結ぶ位置にずれが生じ、ボケが生じる。これを色収差という。顕微鏡や望遠鏡ではこの色収差を補正するために、複数のレンズを使用するなど工夫が施されている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ