スマートフォン用の表示で見る

寝殿造

一般

寝殿造

しんでんづくり

日本の平安時代建築様式の1つ。貴族の邸宅の建築様式である。寝殿(正殿)と呼ばれる中心的な建物が南の庭に面して建てられ、東西に対屋と呼ばれる付属的な建物を配し、それらを渡殿で繋ぎ、更に東西の対屋から渡殿を南に出してその先に釣殿を設けた。また、庭園は生得の山水や国々の名所を縮景したもので構成される。