スマートフォン用の表示で見る

水戸偕楽園

地理

水戸偕楽園

みとかいらくえん

水戸藩の九代目藩主である徳川斉明(なりあき)が自ら造園計画を練って作られた庭園。

金沢兼六園岡山後楽園とならんで日本三名園の一つとして知られている。