水戸偕楽園

(地理)
みとかいらくえん

水戸藩の九代目藩主である徳川斉明(なりあき)が自ら造園計画を練って作られた庭園。
金沢の兼六園・岡山の後楽園とならんで日本三名園の一つとして知られている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ