徳川斉昭

徳川斉昭

(一般)
とくがわなりあき

幕末期の大名・政治家(1800年4月4日〔寛政12年3月11日〕〜1860年9月29日〔万延元年8月15日〕).常陸国水戸藩主.
父は七代徳川治紀(武公).号は景山.諡は烈公.
1829年(文政12)年兄徳川斉脩(哀公)の養子となり,遺領相続.改革派の藤田東湖・戸田蓬軒らを採用し,全領検地,弘道館・藩校設置,梵鐘没収と大砲鋳造,軍事調練など天保の藩政改革を実施.極端な排仏など政策の過激さから44(弘化元)年に幕府から謹慎・隠居を命じられたが,老中阿部正弘・宇和島藩主伊達宗城らと書簡を交わし,ペリー来航後は幕府海防参与となり,大船建造・軍制改革に参画.
将軍徳川家定の継嗣問題では七男の一橋慶喜を推したが,大老井伊直弼により和歌山藩主徳川慶福が継嗣に内定,条約調印の決定に及び,1858年(安政5)年6月24日名古屋藩主徳川慶勝・水戸藩主徳川慶篤とともに不時登城して井伊大老を詰問した.翌月,謹慎を命じられ,翌年の安政の大獄に連坐して国元永蟄居となった.

新着ブログ: 徳川斉昭