江戸時代

(社会)
えどじだい

徳川家康による天下統一と江戸幕府開府から、明治維新までの期間。
1603年の江戸幕府開府から1867年の大政奉還迄の265年間をさす。

主な出来事

  • 1603年 江戸幕府開府
  • 1612年 大阪夏の陣
    • 豊臣家滅亡
  • 1637年 島原の乱
  • 1639年 ポルトガル船来航禁止
    • 鎖国体制の完成
  • 1837年 大塩平八郎の乱
  • 1853年 ペリー来日
  • 1854年 日米和親条約締結
    • 開国
  • 1858年 日米修好通商条約締結
  • 1867年 大政奉還
    • 江戸幕府滅亡

文化

戦乱が収まり貨幣経済の発達による経済活動の活発化により、町人の発言力が強くなり町人文化が形成され、学問、宗教、文芸、芸術などで著しい文化的発展をみせる。

  • 学問
    • 朱子学、国学、蘭学、陽明学、心学など
  • 宗教
    • 伊勢参り、善光寺参り、天理教、金光教など
  • 文芸
    • 松尾芭蕉、小林一茶、十返舎一九、良寛、近松門左衛門、滝沢馬琴など
  • 芸術(絵師)
    • 葛飾北斎、狩野探幽、写楽、菱川師宣、歌川広重など
  • 芸術(その他)
    • 本阿弥光悦、市川団十郎、尾形光琳、野々村仁清など
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ