桜田門外の変

(一般)
さくらだもんがいのへん

1860年3月3日、水戸浪士らが大老井伊直弼を桜田門で襲撃し殺害した事件。
遠因としては強行に開国路線を推し進め、反対者を続けざまに処刑・左遷していた井伊直弼に対する攘夷派浪士の反発がある。

2010年公開の映画は桜田門外ノ変を参照。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ