安政の大獄

(一般)
あんせいのたいごく

1858年(安政5年)から翌年にかけて、時の大老井伊直弼による尊王攘夷派への弾圧。
日米修好通商条約の調印や、紀伊藩主徳川慶福の将軍擁立に反対する一橋慶喜擁立派の公卿・大名・志士ら100余名を処罰し、吉田松陰・頼三樹三郎・橋本左内ら8名を死刑とした。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ