スマートフォン用の表示で見る

井伊直弼

社会

井伊直弼

いいなおすけ

幕末政治家(1815年10.29-1860年03.03).近江国彦根藩主.大老

父は第13代藩主井伊直中で、十四男として生まれる。

掃部頭.号は宗観.

兄直亮の死により、十四男にもかかわらず、兄が全員養子に出ているか、死去しているかで、彦根藩に残っているのは直弼と、藩家老の家に養子に入った兄の子・井伊亮寿だけだったが、部屋住みとはいえ藩主家の直弼が養子の子で家臣の立場で形式上格下だった亮寿より年長で継承の筋が通っていた為、直弼が藩を継ぐことになり、1850年(嘉永3)年遺領相続し15代藩主に就任。

ペリーのもたらした合衆国大統領親書に対する意見書では開国論を展開し,前水戸藩徳川斉昭と対立.溜間詰譜代大名の重鎮として,将軍継嗣問題では和歌山藩主徳川慶福を推挙,一橋派と対立した.

ハリスとの日米修好通商条約調印を勅許なく締結,慶福(のちに徳川家茂と改名)を将軍継嗣に決定.その後水戸藩主に密勅が下されたため,尊皇攘夷派の志士を厳しく取り締まった(安政の大獄).

そのため,60(万延元)年3月に水戸薩摩の浪士に白昼襲撃され,暗殺された(桜田門外の変).白昼の幕府最高実力者が暗殺されたことは,幕府権威を急速に失墜させた.