戊辰戦争

(社会)
ぼしんせんそう

1868年(戊辰)1月から1869年5月まで行われた、「明治維新」における日本の内戦。
明治新政府が旧幕府勢力を「討伐」し、政権の正統性を内外に喧伝するために行われた。
鳥羽・伏見の戦い(京都)に始まり、江戸無血開城、彰義隊討伐(上野戦争)、奥羽越列藩同盟の成立と東北戦争などを経て、箱館戦争における榎本武揚の降伏によって終了した。

略年表

  • 1868年
    • 1月:鳥羽伏見の戦い
    • 4月:江戸無血開城
    • 4月下旬〜:会津戦争開始
    • 5月2日:奥羽列藩同盟成立
    • 5月:上野戦争(彰義隊討伐)
    • 5月〜8月:北越戦争
    • 9月22日:会津藩降伏
    • 10月〜:旧幕府艦隊、北海道(蝦夷地)に到着、平定。蝦夷共和国を宣言する
  • 1869年
    • 4月:新政府軍、蝦夷地上陸。箱館戦争。
    • 5月18日:五稜郭降伏、戦争終結
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ