スマートフォン用の表示で見る

水雷艇

一般

水雷艇

すいらいてい

Torpedo Boat

  • 水雷を主兵装とする小軍艦
  • 魚雷を積んだモーターボートである魚雷艇とはよく混同されるが別物である。(元々の目的は同一といえるが・・・)
  • 初期は、スパートーピード(突き出した槍の先に爆薬を装備したもの)や曳航水雷爆薬入りの樽を引っ張っていって敵にぶつける)といった外装水雷を装備する、半ば特攻艇に近いものであった。
  • 後に、魚形水雷の発明によって、より積極的な攻撃手段を手に入れた水雷艇は、沿岸防備・大型艦襲撃といった任務のため発展していくことになる。
  • 発展の結果、水雷艇駆逐艦(後の駆逐艦)に文字通り存在意義ごと駆逐されてしまったが、海軍軍縮条約の結果、条約制限以下のトン数で建造出来る艦種として復活(実質は小型駆逐艦)。