スマートフォン用の表示で見る

杉本美樹

キーワードの候補

2件

映画

杉本美樹

すぎもとみき

女優

1953年1月28日生まれ、神奈川県茅ヶ崎市出身。下着モデルなどをしていたところ、東映の天尾完次プロデューサーに見いだされ、1971年に、鈴木則文監督『温泉みみず芸者』で、主演の池玲子とともに、鳴り物入りの映画デビューを果たす。デビュー後またたく間にスターポルノ女優となった池玲子とは対照的に、2作目以降、杉本は陰の薄い存在に暫くは甘んじていたが、1972年、歌手転向騒動がおこした池玲子が主演を努める予定であった、『徳川セックス禁止令色情大名』の代役主演に抜擢され、作品は成功し、続く『温泉スッポン芸者』でも主演を務め、東映ポルノのスター女優に成長していく。池が短期間で映画復帰した後も、池と共に看板女優として、『女番長』シリーズ『恐怖女子高校』シリーズなどに出演し、東映ポルノの屋台骨を担った。

1974年公開の代表作『0課の女 赤い手錠』の後、「保母になる」という理由で、一旦、芸能界を離れたが、1975年の連続テレビドラマ『長崎犯科帳』のお文役で女優復帰した。1978年の結婚を期に引退。

主な出演映画

主な出演ドラマ

一般

杉本美樹

すぎもとみき

日本の女性喜劇役者。漫才コンビの濱根・杉本のツッコミ担当。1963年1月21日生まれ。大阪府茨木市出身。大阪吉本総合芸能学院NSC)1期生。

NCS時代にハイティーンラブというコンビを結成してフジテレビ笑ってる場合ですよ!」の「お笑い君こそスターだ!」に出演していた。その後、漫才コンビのウーマンガトリオとしてプロデビューしたがすぐに解散した。解散してからはピン芸人を経て吉本新喜劇へ入団。毎日放送よしもと新喜劇」や朝日放送さんまの駐在さん」等のレギュラー番組に出演していた。「吉本新喜劇やめよっかな?キャンペーン」にて退団。退団後はNSC同期の濱根隆と漫才コンビの濱根・杉本を結成した。