青写真

一般

青写真

あおじゃしん
  1. 現在の複写技術が確立する前に広く用いられた複写手法の一種。また、それにより複写された図面。感光紙に原図を密着させて焼き付けるもので、原図の黒線が青地に白線(陰画)で写し取られるのが一般的だが、特殊な感光紙により陽画とする方式もある。特に設計図面の複写に用いられることが多かった。ブループリント、青焼きともいう。
  2. 転じて、完成予想図、構想のこと。「未来の―」