スマートフォン用の表示で見る

赤い衝撃

テレビ

赤い衝撃

あかいしょうげき

1976年11月から1977年5月までTBSテレビ系で放送されたテレビドラマ

大実業家の娘で、日本の陸上界の期待を担う短距離走者が運命の皮肉から愛する青年刑事(三浦友和)の銃弾に誤って撃たれ、下半身マヒになってしまうという悲劇から始まる。

スプリンター役の山口百恵が視聴者の涙を誘った、最高視聴率32.6%を記録した。

【出演】
山口百恵、三浦友和中条静夫草笛光子中島久之南田洋子長門裕之大坂志郎田村高廣谷隼人名古屋章原知佐子宇津井健
【脚本】
安本莞二工藤裕弘
【監督】
増村保造
【プロデューサー】
野添和子、山本典助

2005年に深田恭子主演でリメイクされるはずだったが、深田のイメージが「陸上アスリートに見えない」などの理由で断念することを発表した。(2006年1月30日付日刊スポーツより)