スマートフォン用の表示で見る

増村保造

映画

増村保造

ますむらやすぞう

映画監督

1924年山梨県甲府市生まれ。

1947年大映の助監督募集に合格。

1952年イタリア留学を経て、帰国後、溝口健二監督作品、市川崑監督作品に助監督として参加。

1957年『くちづけ』で監督デビューを果たす。

以降、大映で48本の作品を撮影する。

男優では勝新太郎市川雷蔵田宮二郎川口浩、女優では野添ひとみ安田道代(大楠道代)、岸田今日子緑魔子など、

大映のスター俳優と組んで数々の傑作を生み出すが、

中でも若尾文子とのコンビ作はその数20に及び、互いの代表作となる作品を何本も作り上げた。

勝プロ、ATGなどでも作品を残し、70年代後半には大映テレビのドラマの演出・脚本なども手掛けた。

1986年、脳内出血のため死去。享年62歳。