スマートフォン用の表示で見る

長門裕之

テレビ

長門裕之

ながとひろゆき

日本を代表する俳優。

京都府京都市中京区出身。

1934年1月10日生まれ。2011年5月21日、肺炎による合併症のため死去。77歳。

夫人は南田洋子1961年に結婚。ミュージックフェアの司会を務めるなど夫婦でのメディア出演も多かった。認知症の南田を介護し、著書「待ってくれ、洋子」も出版された。

叔父:加東大介マキノ雅弘、叔母:沢村貞子、弟:津川雅彦 という芸能人一家。

最終学歴立命館大学中退。1940年俳優デビュー。主演映画「太陽の季節」(1956年)で脚光を浴びる。「にあんちゃん」(1959年)でブルーリボン主演男優賞・ホワイトブロンズ男優賞を受賞。以降、映画・ドラマに幅広く出演。芸能界の中でも愛妻家として有名だった。

TVドラマスケバン刑事」では顔が映らない「暗闇司令」を演じていた。エンドロールでは「暗闇司令:?」と役者の名前が伏せてあったが声でバレバレであった。

ちなみに長門裕之の若い頃はサザンオールスターズ桑田佳祐と顔が似ており、桑田自身もそのことを何度かネタにしている。