津川雅彦

アート

津川雅彦

つがわまさひこ

昭和15年 1940年1月2日 京都市中京区に生まれる 

俳優。

父親は俳優の澤村国太郎、兄が長門裕之

叔父に加東大介マキノ雅弘、叔母に沢村貞子がいる。

妻は女優の朝丘雪路

友人に元・朝日放送のディレクターでドラマ監督、プロデューサー松本明

必殺シリーズにおけるコミカルな悪役(仕置きされるときに「あんぎゃー」とか「ぎえー」と叫ぶ)は、必殺ファンの間で伝説となっている。また、中村主水退場作品となった『必殺!主水死す』では、主水への憎しみが狂気へと乗り移り、やがて主水退場のきっかけとなった権の四郎役を熱演した。

映画

 プライド・運命の瞬間(1998年、東映) - 東條英機

マルサの女」(花村課長役)

マルサの女2」(花村課長役)

スーパーマーケットの女」(正直屋店長役)

他多数


思想

極右・保守的思想を持ち、「みんなで靖国神社に参拝する国民の会」や「首相靖国神社参拝を求める国民の会」の発起人を務めたこともある。「プライド 運命の瞬間」で東條英機首相役を演じた際は、東條首相の遺族に実際に会い、演技をする上で参考にしたという。その演技は遺族をして「まるで東條が生き返ったようです」と絶賛せしめるほどのものであった。戦争やアドルフ・ヒトラーに対して好意的な発言や、たかじんのそこまで言って委員会では「左翼が嫌い」というなど、自身の発言に対する評価の振幅が大きいが、歴代自民党員では谷垣禎一石原伸晃森喜朗などを嫌う節がある。