スマートフォン用の表示で見る

千字文

読書

千字文

せんじもん

中国六朝時代の詩。一巻、梁の周興嗣作、四言古詩二五〇句から千字に成る。

古く中国で、初学の教科書・習字の手本とされた。


日本への伝来時期について、『古事記』によって応神天皇の御世、韓の学者王仁が貢上したという。平安後期以降、漢字の習得教育に用いられた。