いろはにほへと

いろはにほへと

(アニメ)
いろはにほへと

→幕末機関説 いろはにほへと

いろはにほへと

(一般)
いろはにほへと

手習歌、『いろは歌』四十七文字の冒頭部分。

色は匂へど 散りぬるを
我が世誰ぞ 常ならむ
有為の奥山 今日越えて
浅き夢見じ 酔ひもせず

いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす

現存する仮名の手習歌のなかで最もポピュラーなものとして知られる。ちなみに同種の五十音を織り込んだ手習歌には『天地の歌』『鳥啼歌』などが他に存在する。
空海の作とされたが、年代的にも文法的にも形式的にも空海が作りえることは不可能だったとされ、現在は作者不明となっている。
歌詞の内容は涅槃経の偈である「諸行無常、是生滅法、生滅滅已、寂滅為楽。」を和訳したものと真義真言宗の僧、覚鑁は説いた。そのほか区切り方で暗号が見出されたりする。

関連キーワード

  • →いろは
  • →平仮名

ネットの話題: いろはにほへと

人気

新着

新着ブログ: いろはにほへと